大腸内視鏡検査 内視鏡web予約 初診予約サービス
診療時間
 
08:30~12:00 -
16:30~19:30 - -

休診日:木曜・日曜・祝日
△土曜日は13:00までの診療です。
※胃カメラ・エコー・リハビリテーションの受付は8:30からとなります。(予約制)
※整形外科専門外来は、火曜日9:00-12:00です。
※往診も行っております。

胃・大腸内視鏡検査

胃内視鏡
8:30〜 -

大腸内視鏡
13:00〜15:00 -

胃・大腸同時検査
13:00〜15:00 -

診療時間 ※胃・大腸内視鏡検査は予約制になります。
※緊急の場合には当日検査可能

奈良県北葛城郡王寺町元町2丁目2479-1
アクセス奈良交通
・神前橋バス停から約2分
・大田口バス停から約1分
facebookページ

痔の分類と治療法

一言に痔と言ってもいくつかの種類があります。ここでは、痔の種類とそれぞれの治療方法について解説致します。

痔の分類

痔と呼ばれる症状は3種類に分類されます。いぼ痔、きれ痔、あな痔の3種類です。日本人は3人に1人が何らかの痔の症状を抱えていると言われています。痔の多くはいぼ痔と呼ばれる症状で、いぼ痔には内痔核と外痔核の2種類があるのです。

いぼ痔は、長時間の排便時のいきみや、下痢、便秘、辛い物の食べ過ぎやアルコール摂取、長時間の座位、冷えやストレス、妊娠等により肛門クッションやその支持組織の減弱、肛門内圧の上昇が原因で起こるとされている症状です。この症状は、出血、疼痛、肛門内違和感、腫脹、脱出です。肛門の歯状線の上下で内痔核と外痔核に分類され、内痔核は発症しても痛みはほとんど無く、排便時に痛みと出血を伴うのが特徴です。痔が肛門から脱出することで痔に気がつくケースが多々あります。進行すると痔が脱出したままとなり、指で押しても中に戻らない状態となり、痛みを伴うのです。
外痔核は肛門の歯状線よりも外側にできる痔核のことで、血豆のようになったものは特に血栓性外痔核と呼ばれます。腫れて痛みを伴いますが、出血は多くないのが特徴です。

きれ痔は女性に多く見られる症状で固い便を出すときにできる裂傷や、下痢による炎症等が原因で発症します。肛門の皮膚が切れた症状のことです。排便時に痛みと出血を伴い、排便後も鈍痛が続くことがあります。きれ痔が進行すると、裂傷が深くなり、潰瘍やポリープができる場合があるのです。肛門が狭くなり、更に排便がしにくくなってきます。

あな痔とは下痢や免疫力の低下が原因で起こる症状です。大腸菌等の細菌が肛門に付着することで肛門に膿がたまり、外に流れ出るトンネルができた状態のことを指しています。あな痔は男性に多く、強い痛みを伴い発熱します。膿が流れ出ている状態のため、下着が汚れることも特徴の一つです。

痔の治療方法

痔の治療方法は症状によって異なります。いぼ痔やきれ痔が軽度の場合には、保存的治療を用いることが多いです。具体的には、内服薬により、痛みや炎症を抑えます。排便しやすい内服薬を投与する場合もります。軟膏による座薬治療も保存的治療の1つです。

いぼ痔に対しては、外来による治療の1つとして輪ゴム結紮療法があります。専用の機械を使って、中程度の内痔核を結紮し、コブを小さくする方法です。また、昨今の新しい治療法として注目を集めているのが、「ジオン注射/ALT(アルタ)療法」です。重度な内痔核でも手術をせずに注射で痔を治療することができますが、専門の医術が必要で処置できる病院は限られています。
当院でも「ジオン注射/ALT(アルタ)療法」を行っており、安心して治療を受けていただけます。

 

いかがでしたか?痔は大きく分けると3種類あり、症状によって、治療方法が異なります。恥ずかしがらずに進行する前に専門医に診てもらうと良いでしょう。

いぼ痔(内痔核)・内痔核、外痔核について

いぼ痔とは?

いぼ痔は男女問わず日本人に多い病気で、肛門付近にいぼ状の腫れができる症状です。いぼ痔には2種類あり、肛門上皮と直腸粘膜の境界部分(歯状線)よりも内側にできる「内痔核」と外側にできる「外痔核」に分けられます。外側の皮膚部分に知覚神経が多く通っているため外痔核は痛みを感じますが、内痔核は痛みを感じないため気づかないうちに進行します。それぞれ症状は異なり、排便時にポタポタと出血がおこるのは内痔核によるものが考えられます。

いぼ痔の主な原因は?

いぼ痔はトイレでの「いきみ」が主な原因です。普段「肛門クッション」は血液の流れによって伸びたり縮んだりすることで肛門の機能を果たしています。排便時の強いいきみによってクッション部分に負荷がかかり、肛門付近の血流が悪くなってうっ血することでいぼ状のはれができます。長時間座った状態を続けることも原因のひとつです。

便秘により長時間強くいきむ頻度が高くなると、それだけ肛門には負荷がかかります。つまり普段から快便の人は無意識のうちに痔を予防できているといえます。生まれつきの体質によって痔になりやすい人もいますが、日ごろから水分や食物繊維を多く摂って健康的な食生活を送ることが痔の予防には効果が高いでしょう。

いぼ痔の治療法は?

内痔核は重症度によりI度~IV度に分類されています。初期の段階(I度)では炎症を抑える外用薬と便をやわらかくする内服薬で治療します。症状が軽いうちは治療を続けながら生活習慣を見直すことで快方に向かいます。市販薬を使用する場合は坐薬や注入軟膏など症状に合わせて使い分けましょう。多くのケースは初期の治療で済むことがほとんどです。Ⅲ度(排便の際、肛門の外に出た痔核が自然に戻らない状態)以上の症状では手術などの外科的療法が行われる場合があります。

痔の分類
基本的な治療法
内痔核
Ⅰ度
保存療法
Ⅱ度
外来処置
Ⅲ度
手術療法
Ⅳ度
手術療法
外痔核
血栓性外痔核
保存療法
嵌頓(かんとん)痔核
保存療法

保存的治療

  1. 内服治療:痔の炎症や痛みを抑える薬や便通を良くするお薬を内服します。
  2. 座薬治療:痔の炎症や痛み、出血を抑える座薬・軟膏を使用する治療法です。

外来処置による治療

  1. 輪ゴム結紮療法:中等度の内痔核にたいし、専用の機械で痔核を結紮する方法です。5分程度で終わる処置です。
  2. 「ジオン注射/ALT(アルタ)療法」:重度な内痔核でも切らずに注射で痔を治療することができる新しい治療法です。この治療法は出血や痛みがなく、日帰りで行えます。ただし外痔核に対しては施行できません。四段階注射法という手技を収得した専門医にのみ施行許可が与えられている治療法です。

gion2

いぼ痔を繰り返さないためには、規則正しい生活を送って健康的な体を維持することが大切です。毎日の排便は健康のバロメーターと考え、便秘や下痢の症状が出た時は早めに食生活を見直して回復を心がけましょう。

切れ痔(裂肛)について

切れ痔(裂肛)とは?

切れ痔(裂肛・裂け痔)とは固い便により肛門の周りの皮膚が切れたり裂けたりして外傷を負ってしまう病気です。排便時に出血や強い痛みがあり、人によってはかゆみの症状が出ることもあります。出血は排便後トイレットペーパーにうっすらと鮮血が付く程度のものが多いです。切れた部分に知覚神経が通っているため、少ない出血でも痛みが強く出る特徴があります。激痛のあまりトイレに行くことが苦痛になり、排便を我慢してしまうとさらに便秘が悪化し悪循環となります。

切れ痔(裂肛)の主な原因は?

便秘などで固くなった便を無理に出そうとして、肛門の周りが裂けてしまうことが主な原因です。便秘だけでなく、下痢によって水に近い状態の便が繰り返し激しく排出されることにより肛門がただれ、切れ痔になってしまうこともあります。もともとの肛門が狭いために痔になりやすい体質の人もいます。

ダイエットによる腸内環境の悪化など、便秘になりやすい人が発症するため男性よりも女性患者が多いといわれています。比較的早い段階で治ることもありますが、便秘や下痢の症状を繰り返していると炎症も治りにくく長期的な治療が必要になります。症状が軽いからといって放置していると患部が瘢痕化してイボ(肛門ポリープ)になってしまうこともあります。

切れ痔(裂肛)の治療法は?

切れ痔の主な治療方法は軟膏と鎮痛剤などの飲み薬の処方を最低3週間くらい継続します。痛みがなくなったからといって、薬をやめてしまうと再発する危険があります。処方された薬は自己判断で中断せず、最後まで使用してください。便を少し柔らかくする薬を処方されることが多いですが、同時に食生活にも気を付けましょう。規則正しい生活リズムで一日一度の排便があることが理想的です。適度に体を動かし、バランスよく栄養を摂取するよう心がけましょう。

切れ痔の症状が薬で治らない場合は、手術による治療を受けるケースもあります。肛門拡張術、皮膚皮弁移動術、古典的治療法などの治療方法があり症状によって医師が判断します。術後当日は安静にし、翌日から通常の生活を送ることができます。

あな痔(痔ろう)について

あな痔(痔ろう)とは?

あな痔(痔ろう)は、肛門の辺りに膿がたまる肛門周囲膿瘍になり、たまった膿が流れ出るための外につながる通り道ができる病気です。膿が流れ出る前の肛門周囲膿瘍のときは、高熱や激痛、皮膚が赤くはれるなどの症状が出ます。通り道ができて膿が排出されると、高熱や痛みなどの症状はおさまりますが、下着に流れ出た膿や不快な臭いが付着したりします。一度できた通り道はひとりでに治ることはなく、膿がたまることと流れ出ることを繰り返すことが多いです。

あな痔(痔ろう)の主な原因は?

肛門と直腸の境界に位置する歯状線には、肛門陰窩(いんか)という1mm程度のくぼみがあります。下痢のときなどに便が肛門陰窩に入り込み、便内の大腸菌が肛門辺りの腺組織に炎症を誘発すると、膿がたまって肛門周囲膿瘍へとつながります。溜まった膿は歯状線から肛門へと抜ける通り道に沿って排出され、あな痔となります。あな痔は自然治癒することはありません。また、そのままにしておくと、通り道が枝分かれするなど複雑化したり、癌化したりすることもあります。

あな痔(痔ろう)の治療法は?

あな痔の治療は手術によって行われ、症状により、切開開放術、括約筋温存手術、シートン法の3種類の手術方法が用いられます。軽度のあな痔には、切開開放術が適用されます。切開開放術では、切開して膿の通り道を取り除き、組織が再生して自然と通り道があった部分を埋めることで治ります。次に、複雑に進行していている重度のあな痔には、括約筋温存手術が行われます。括約筋温存手術は、括約筋を残すために、膿の通り道をくり抜くように取り除く手術方法で、切開開放術よりも肛門が変形したり、締まりが悪くなったりするケースは少ないです。最後に、シートン法も、肛門の変形が少ない手術方法です。膿の通り道にゴムを通し、ゴムを押し出そうとする働きを利用して、徐々にあな痔を閉じていきます。
すぐに病院を受診することが難しい場合は、下痢を避けることが重要です。下痢のときの便はあな痔を悪くする恐れがあるので、食生活に気を配ってください。そして、あな痔の部分を清潔にしておくよう心がけましょう。