大腸内視鏡検査 内視鏡web予約 初診予約サービス
診療時間
 
08:30~12:00 -
16:30~19:30 - -

休診日:木曜・日曜・祝日
△土曜日は13:00までの診療です。
※胃カメラ・エコー・リハビリテーションの受付は8:30からとなります。(予約制)
※整形外科専門外来は、火曜日9:00-12:00です。
※往診も行っております。

胃・大腸内視鏡検査

胃内視鏡
8:30〜 -

大腸内視鏡
13:00〜15:00 -

胃・大腸同時検査
13:00〜15:00 -

診療時間 ※胃・大腸内視鏡検査は予約制になります。
※緊急の場合には当日検査可能

奈良県北葛城郡王寺町元町2丁目2479-1
アクセス奈良交通
・神前橋バス停から約2分
・大田口バス停から約1分
facebookページ

いぼ痔の日帰り手術 ジオン注射/ALT(アルタ)療法

昨今注目を浴びている痔の注射による治療があることはご存知ですか?ここでは、手術の必要がない、ジオン注射/ALT(アルタ)療法について特徴と方法を解説致します。

ジオン注射/ALT(アルタ)療法について

ジオン注射/ALT(アルタ)療法とは、従来手術が必要であった重度ないぼ痔に適用可能です。症状によっては、日帰りの治療が可能となります。痛みや出血が伴わないため、身体的・精神的な苦痛を伴わずに痔の治療が可能となりました。
具体的には、4段階の注射を行う治療となり、専門の医術が必要となるため、「当手技に関する講習会を受けた専門医の登録施設」でのみ治療が可能となっています。ジオン注射/ALT(アルタ)療法での治療を希望する場合には、事前に医師に確認することをお勧めします。
また、ジオン注射/ALT(アルタ)療法で用いる薬剤は2種類あります。硫酸アルミニウムカリウムとタンニン酸です。硫酸アルミニウムカリウムはいぼ痔の出血や脱出症状を改善する薬剤で、タンニン酸は硫酸アルミニウムカリウムの働きを調節する薬剤です。
そして、ジオン注射/ALT(アルタ)療法が適用されるのは、内痔核のいぼ痔に対してです。内痔核のいぼ痔とは、直腸の下にある、肛門を閉じる時に使われるクッションとなる血管が集まる部分が引き延ばされ、クッション部分が肥大してコブ状になることで、いぼ痔となるのです。そのいぼ痔に対してジオン注射/ALT(アルタ)療法を投与するのです。

ジオン注射/ALT(アルタ)療法の特徴

ジオン注射/ALT(アルタ)療法はいぼ痔を4つに分けて4カ所に注射します。複数のいぼ痔がある場合には、それぞれを4つに分けて投与するのです。
まず、ジオン注射/ALT(アルタ)療法を行う場合には、下半身又は、肛門周辺に麻酔を打ちます。肛門周辺の筋肉を柔らかくしてジオン注射/ALT(アルタ)療法を投与しやすくするための措置です。投与後は安静にして、麻酔が切れるのを待ちます。ジオン注射/ALT(アルタ)療法を投与して2週間〜1ヶ月経つと、いぼ痔の症状が改善され、注射の投与により、血管への血流が減少し、飛び出たいぼ痔が小さくなってくるのです。やがて、いぼ痔は吸収されて、引き延ばされたクッション部分が元に戻ります。このようにしていぼ痔の症状がなくなるのです。
しかし、ジオン注射/ALT(アルタ)療法では副作用が起こる場合があるので注意が必要です。血圧低下嘔吐や頭痛等の症状が治療当日に起こる可能性があります。また、治療後2週間以内に発熱が起こることもありますが、一過性のものです。治療翌日には肛門の違和感や、排便しにくい症状が現れますが、自然と治るでしょう。いずれにしても副作用が見られた場合には、医者に相談するようにしましょう。また、ジオン注射/ALT(アルタ)療法を行った後は患部が固くなりますが、自然と治癒するまで経過を観察することになります。

ジオン注射/ALT(アルタ)療法のメリット

ジオン注射/ALT(アルタ)療法には手術治療と比較してメリットが多数あります。まず、注射自体は痔核の神経のない粘膜部分に注射するため、治療後麻酔が切れた後にも痛みを伴いません。次に、切開等を行わないため、出血することもないのです。そのため、患者様は身体的・精神的な苦痛を伴わずに治療を受けることができます。そして、日帰り手術が可能なこともあり、社会復帰が比較的早く可能になります。仕事も医者の許可があれば、翌々日には復帰可能となるため、仕事を休む必要がほとんどありません。会社に理由を言う恥ずかしさがなく、女性とっては大きなメリットということができるでしょう。加えて、保険適用が可能であるため、経済的負担が少ないことも特徴と言えます。最後に、生活習慣の改善をしっかりすれば、1年後の再発率が15%程度と低く、痔を繰り返す可能性が低い治療法であるともいうことができます。
ジオン注射/ALT(アルタ)療法はメリットが多くいぼ痔に悩む人には嬉しい治療方法です。しかし、全患者に適用可能なわけではなく、症状によっては、適さない場合もありますので、医者に充分相談すると良いでしょう。また、適用できる医療機関が限られています。事前に調べてから来院するようにしましょう。

その他

麻酔について

基本的には、局所麻酔により肛門を弛緩させて加療します。術後は約1時間、院内で点滴し、安静にしていただきます。トイレの歩行は可能です。血圧低下、ふらつき等の問題がなければ、帰宅安静していただきます。

合併症について

加療当初は、肛門部の違和感がありますが、次第に軽減していきます。その他、  

発熱・・・38度くらいまでの発熱は、加療後2週間くらいまでは発生する可能性があります。投与した薬剤の影響と考えられますが、高熱が続いたり、肛門部の痛みがひどくなっていく場合は、感染を起こして膿がたまっている可能性があります。  

潰瘍形成・・・薬剤投与により、注射部位に炎症による潰瘍を作り、出血を起こしたり肛門が狭窄したりする場合があります。  

再発・・・1か月経過で約2%、1年経過で10数%の割合で、再度出血や脱出が認められる場合があります。 硬化療法施行は、手術療法に準じた、場合によってはそれ以上の効果がある治療となります。そのため、副作用、合併症が起きる危険性もあります。そのため、定期的な診察や内視鏡検査を施行し、経過観察を行っております。

ジオン注射/ALT(アルタ)療法の料金表

1割負担 2割負担 3割負担
ジオン注硬化療法 5,300円 10,500円 15,700円

入院治療が必要な場合は、奈良県天理市の社会医療法人 高清会 高井病院と連携し、治療を行います。

▶「痔の分類と治療法」ページもご覧ください。